"自分を生きる"為の"魂の叫び"  http://remember.ina-ka.com/


by re-member-village

<   2008年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

芸術家の作品

======================================================

芸術家の作品には魂があるとかってよく言います。
魂って漠然としたもんなんで、正直よくわかりません。
ほんまに凄いのは素人が見ても感動するけどね。

でも、本来、芸術ってのはその人の魂を表現するもんです。

音楽でもそやし、絵でもそやし、写真でもそやし、彫刻でもそやし、踊りでもそう。
もっともっと色々ありますが、なんでも同じ。
どれも根本が同じで、手段が違うだけ。
皆それぞれが得意な、好きな手段を選択しただけです。

で、僕は音楽が好きなので、音楽を選択した訳なんですが。
最近ね、CDを創りたくて仕方がありません。
僕らはオリジナルを作ってライヴハウスで演ってCD作って売れる為に、、みたいなバンドではないので、CDを創るって事にあまり興味がなかったんですが。。

あ、別にオリジナルやなくていいんです。
僕らのスタイルの音源ができれば♪
ライヴアルバムが一番理想☆


何でそんなん思うようになったかなんですけどね。
僕が聞く音楽は基本古い曲です。
なんで、CDで演奏してる人達でもう亡くなってはる人って結構いるんです。
でもね、死んでも尚、自分の創ったCD(作品)で、人を感動させてるんです。

コレって凄い事やなって。
そう考えると確実にその人はそこにおるんですよね。
特にライヴアルバムとか。

やから、作品には魂があるってのがすごいよくわかったんです。

んで、そう思った瞬間、
「あ、自分も作品として残りたい」
って思いました。

自分が死んでも、自分らの魂がそこにはあって、それを感じる人がおる。
こんな幸せな事ないなと。


インディアンのアクセサリーとかもそういう意味合いがあるんちゃうかな。
やから、すごい魅力的なんやと思う。
やから、俺はインディアンアクセサリーはインディアンから買いたいねん☆
創った人の顔やら手を見て。会話はでけんかもしれんけど、話がしたい。

何か書きながら思ったけど、モノって全部そうなんちゃうかな。
昔は全部手作りやって、それ創ってる人らは芸術家であり、専門家。
普段使う籠やら、服やら、食器やら。。
全部に魂入ってたんちゃうかな。
やから、長持ちもするし、皆が大事に使う。

機械で作られたものには魂がないし、こだわりもない。
そんなんを大事にしようってのが無理やもん。
で、何で今はそんなモノばっかりかって言うと、やっぱしお金なんですw(またかw)
消費してもらう事で世の中成り立ってるから。
モノには効率、均一化を求められるんやから。
そんなモノに囲まれてるから、寂しいんやろうな。
どんだけ手に入れても満足でけんのやろうな。
やから、不安なんやろうな。

芸術はお金に絡むとあかんと思います。
それで飯食わなあかんとかなると特に。
やっぱし、一番の理想は最近話題の”半農半X”的ライフスタイルなんやと思います。
自分の食べる分を自分で創って、余りに余った時間で自分のやりたい事(=X)をする。
Xには何を代入してもいいんです。
お金稼ぐとか。旅行するとか。芸術するとか。車で走りまわすとか。ほんまになんでも。
だってご飯は食べれるんやもん。
ご飯を食べる為には仕事せんでええねん。
ほんなら仕事したくなかったらせんでええねん。
一日中ギター弾いとってええし、踊っとってええし、球投げててええし、酒飲んでてもええ。
そういう余裕がないといいもんは生まれません。
まぁ、追い込まれないとできないって人もおるんでしょうけど、それは心底好きなんではないと思います。
だって、せなあかんって思ってるんやもん。
そんなん嘘やわ。


「花が好きだったら、庭師になりなさい。自分の好きなことをするとき、そこには恐れも比較も野心もない。あるのは愛だけである。」 By インドの思想家クリシュナムルティ

「死にゆくその日も写真を撮っていたい。なぜって、写真は永遠よ」By 女性写真家 アニー・リーボヴィッツ

「大人が真剣に遊び続けると、それが仕事になる。」By 高橋歩


======================================================


ここまでの文章はオトンの死ぬ前に書いた文章。
久しぶりに昔書いたテキストを見ました。
これを書いた時はオトンがおらんくなってるなんて思っていませんでしたが、何かリンクする部分もあったので、加筆してUPしようと思いました。


オトンは絵を選択した芸術家で。
最後に庭に咲いた”ひまわり”を描きました。
そのひまわりの絵にはオトンの魂が入っています。
ひまわりやのに。夏のきらきらしたイメージやのに。どこか寂しげ。でも、しっかりと前を向いている。
そんな感じの絵です。
ひまわり以外にも名古屋の部屋からは最近のブームであった、剣道等の武道の絵も出てきました。
そこからはむらむらした怪しいぐらいの”気”が出てます。
緊張感。汗。必要以上に肩に入った力。愚直。

オトンがおらんくなった今でも、そこにはオトンのそん時の”魂”がべちょーっと描かれていて、自分はそれを感じることができる。



また、僕自身もオトンの作品であると思います。
生涯をかけて製作した作品。
息子。
やから、もちろん僕にはオトンの魂が入ってます。
厳密に言うても、僕の50%はオトンな訳で。もう50%がオカンでね。
あの二人とおんなじもんが自分にあると思うとそれだけで、パワーの源です。

同じように自分も息子に”魂”で語りたい。と思う今日この頃であります。
[PR]
by re-member-village | 2008-10-21 01:57 | だいちゃ

対策

いよいよやってきそうですね!!

最近は明確に「世界恐慌」という文字がメディアに出てきました。
僕が前回の日記で書いた、これから起こるであろう事。
僕は恐らく起こるだろうと思っているので、日記に書いたのですが、
可能性のひとつだということです。
僕は1年ぐらい前から色々と勉強をしまして、今こういう状況になりつつあるっていう事が言えてます。
でも、それは起きてみないと究極わかりませんし、起きないかもしれません。
それは誰にもわかりません。

ですが、その可能性は高いですし、そうなってしまった時。
準備・覚悟をしているのと、してないのでは対応の仕方が全然違うと思います。

銀行からお金を下ろしておいて、いざ事が起こった時に迅速に食料を購入しに走れるかどうか。
僕は皆にそれをする備えを、どこかにその意識を持って欲しいというだけです。
今は銀行にお金預けてても、増える訳ではないじゃないですか?
やから、ちょっとの間、自分の懐に、ある程度の食料が買えるだけのお金を持っておいて欲しいというだけです。
そして、可能なのであれば、米などの備蓄をして欲しいと。
米もどうせ食べるやん?
それを早く買うかどうかってだけの問題です。

地震に備えて懐中電灯を枕元に置くのと同じです。
今、前震が起こっているみたいなので、備えておきましょうよってだけです。

僕がこんなん言うてるんは、何か起きた時に、仲間の助けをしたいからです。
その為に言うてるんです。
これを読んでくれてる人は例外なく、仲間です。

その仲間に僕の声が届くことを祈ってます。
そして、仲間の愛する人にも広がってくれたら、幸いです。

いざという時はRE-MEMBERに来たら、何とかなります。


Good Luck!!
[PR]
by re-member-village | 2008-10-07 01:31 | だいちゃ

キターーーー!!!

キターーーー!!!


遂にパンドラの箱の蓋が開いたみたいですね!
もう皆さんもご存知だとは思いますが、アメリカから始まった金融恐慌が徐々に目に見える形になって表れてきました。

ようやくメディアでもチラチラ出てきましたが、かなり規制されて報道されています。
事態は皆が思っているより遥かに深刻です。
これから起こるであろうと思われる事を書きます。

まず、金融崩壊により、銀行が機能しなくなり、お金が回らなくなります。
これにより、企業は倒産し、物価は高騰。
輸入に頼っている日本は食物の確保が困難になります。
お金を持って行っても食物を売ってくれません。
もうお金は持っていても意味がありません。
アメリカは切羽詰って、戦争をするでしょう。
また”戦争する口実を作る”得意のやり口で巧妙に演出するはずです。
軍を派遣する資金がないので、核兵器を使用するでしょう。
資金投入とか言うてますが、もう額がはんぱないので焼け石に水だそうです。

つまりもう、どうにもなりません。
詰みです。チェックメーイト!!
この何十年かで築き上げたこの社会は崩壊します。
リセットボタンをポチッと押される訳です。

アメリカから始まったこの崩壊。
いつ日本に目に見えて表れるか。ですが。
もうあと一週間ぐらいかもしれません。
だいぶ前から10/7に何か起きるかもって言われてたので、その日かもしれません。


なので、今僕らに何ができるか。


まずは、銀行が封鎖される前に現金を下ろします。
そして、お米等の備蓄を貯える事です。
僕は昨日、塩と味噌、ティッシュにトイレットペーパー、下着類なんかを購入してきました。
普通のサイズを何個も買うより、業務スーパーのでっかいサイズのヤツを買った方がお得かなという事で、また業務スーパーには走るつもりです。
お米は和気にあります。

正直、もう都会では生きる事が物凄く困難になると思います。
だって、食べるものが無いんですもん。
暴動ですよ。

やから、田舎にしか安息の地はありません。
それも山の中であればある程。

日本は自国の農業を蔑ろにしてきました。
やから、今更自給をしようとしても、急には無理です。
農業をするには何年も掛かります。
皆が田舎に行って、自給分だけを自分で作る。と成らざるを得ないと思います。
福岡さんの提唱したライフスタイルです。
自給分を作るぐらいなら、家族でかかればそれ程重労働ではありません。
そら、慣行農法ではしんどいです。自然に手伝ってもらう自然農です。
見た目など体裁を整えなければ売れないという社会だったから、農家の人は虫と闘い、農薬でヒタヒタにしました。
でも、自分が食べる分ではそんな必要もありません。
現に農家の方は出荷する野菜と自分たちが食べる野菜では別に栽培しています。
自分たちが食べられないようなものを作って売っているのです。だって、そうしないと売れなかったんですもん。




僕らは1年ぐらい前からこの事態に備えて、和気にRE-MEMBERを創りました。
仲間のお陰で自分らが思ってもみなんかったぐらい、急速に発展しました。
ほんまにありがたい。
そして、RE-MEMBERは自分たちだけの為のものでは無くて、自分の家族や、共感してくれた仲間、これから産まれてくる子孫の為のものです。
やから、何かあって、困った時は、思い出してください。
そして、訪れてください。
そして、一緒に農作をして、一緒に人生を生きましょう。
前にも書きましたが、愛と自由と平和と音楽には困りません。

どんな事が起こっても、楽しく生きれ、笑って死ねる場所です。

サイは投げられた。
後はあなたが選択するだけです。。


EnjoyLife!!
[PR]
by re-member-village | 2008-10-01 17:11 | だいちゃ